最善を尽くす。

いわゆる、オナ禁ブログ。自分の成長のために。

【オナ禁22日目】リセット。

オナ禁22日目の本日、リセットに至りました。

明日仕事があるのにリセットしてしまったことについては反省します。

夜勤明けはリセットしてしまいがちなので注意が必要です。

 

私感では、リセットした日はよく眠れますが、起きるのは一番辛いです。

それだけ体が睡眠を必要とするほど、リセットの影響は大きいのでしょう。

リセットを決意するときは、計画的に行うべきです。

計画的にリセットすると、後悔は少ないです。

 

リセットしてしまったものは仕方がないので、今と向き合い、最善を尽くすのみです。

今日は早めのお風呂と食事で明日に備えます。

【オナ禁20日目】20日。

オナ禁20日目に突入しました。

今の目標は、オナ禁30日を達成することです。

 2017/4/16達成予定。

 

本日は以上です。

【オナ禁15日目】早起き。

今日は5時前に起床しました。

冷水シャワーを浴びた後、10分間の瞑想。

今日は良い1日になりそうです。

振り返りは今夜に行います。

--------

 20:13更新

 

1日を振り返る。

勉強実績=1:28 ・・・。

昨日よりかは2倍の時間を勉強することができました。

しかし、時間はたっぷりあり、もっと勉強することもできたはずです。

勉強以外は読書にも時間を充てましたが、無駄にネットをする時間が多かったです。

人間の意志は弱い。。

昨日より前進できたことは素直に喜ぼうと思います。

 

いきなりですが、「ピーク・エンドの法則」はご存知ですか?

人は体験を評価するときに、一番気分が盛り上がったとき(ピーク)と、その出来事がどう終わったか(エンド)の記憶によって評価している。というものです。

今日1日を良い日だったと思うためにはピークとエンドが重要ですが、ピークは予測不可能です。

しかし、エンドは決まっています。

そう、寝る前です。

寝る前にその日あった良いことを思い出せば、「良い1日だった」と思うことができます。

反対に、寝る前に「今日はダメだった・・・」「結局何もできなかった・・・」など考えて1日を終えてしまうと、1日全てがダメであったと捉えることになります。

 

「ピーク・エンドの法則」は、まさに「終わりよければ全て良し」です。

生きていれば、ついてない日、散々な日など色々あると思いますが、寝る前くらいは良かったことを思い出してみてください。

思い浮かばなければ、起こった出来事に対して「良かった」という意味付けを施してみてください。

 

この記事が誰かの役に立てば、それは自分にとってもハッピーなことだと思います。

少し胡散臭い考えですがw。

 

【オナ禁14日目】2週間経過。

今日でオナ禁14日が経過しました。

劇的な効果は感じていませんが、心身ともに調子は良くも悪くもありません。

こういう日常にこそ感謝すべきだとは思いますが、今の自分とリセット翌日の自分は明らかに違います。

今の自分が通常だとすると、リセット翌日の自分は異常だと感じます。

 

今日は休日でやるべき事が多くありましたが、少々だらけ気味で無駄な時間が多かった1日でした。

私は勉強時間をタイマーで測っているのですが、今日の勉強の実績は44分でした。

やらず仕舞いの日よりかはマシですが、自分をうまくコントロールできませんでした。

それ以外の時間は会社での作業効率を高めれそうなフリーソフトを探していました。

 

現在まだ19時30分ですが、お風呂に入って早めに寝ようと思います。

明日の休日は早起きして、勉強最優先で取り組みます。

【オナ禁11日目】着々と。

今日でオナ禁11日目が経過しました。

仕事も調子良くこなしています。

今自分が成長の真っ只中にいるんだと明らかに認識しています。

以下、オナ禁が与える仕事への影響、効果を記します。

 

・頭の回転が良くなる。パフォーマンス向上。

  この状態に慣れると、それが普通になってしまいますが、頻繁に行為に及んでいた時代とは明らかに違います。iPhone4Sと6sくらい違うと思います(分かりにくい)。

 

・集中力向上。

  これも良く言われる効果のひとつですね。ボーっとしてしまう時間がかなり減ります。

 

・コミュニケーション能力の向上。

  どうでもいいような雑談から大事な電話まで、喋る能力が高まります。

  次の言葉がどんどん浮かんだり、滑舌が良くなる(噛まなくなる)ことを実感しています。

 

・眠気の低減。

  特に昼食後は眠くなりがちですが、多少は眠くなりにくいです。

  食生活改善(砂糖、小麦禁止。野菜を多く。)を実行しているのも要因のひとつです。

 

・積極的になれる。

  気持ちの面では、前向き、積極的になれます。多少のことでは凹まなくなるし、目の前の仕事を意欲的にこなせるようになります。最近は出勤時のネガティブな感情もほとんどありません。うまく感情をコントロールできるようになったのは小さな成長ではありますが、大切な成長の証です。

 

オナ禁は仕事へかなりプラスの効果を与えてくれます。

どこの会社にも「仕事がデキる人」というのはいると思います。

そういう人たちの多くはオナ禁をしているのかも知れません。

おかしな考えかも知れませんが、自分の会社の全男性社員がオナ禁に取り組めば、会社はとんでもなく成長し、その恩恵を社員が受けられると思います。

 

今日もオナ禁を継続できたことに感謝します。

ありがとうございます。

【オナ禁9日目】オナ禁とアルコールについて。

今日でオナ禁9日目が経過しました。

自分としてはかなり順調に進んでいます。

今日はオナ禁とアルコールについて感じることを述べます。

私は普段、一人でお酒を飲むことはほぼありません。

あっても年に数える程度です。

お酒は飲めるのですが、飲み会などの席はあまり好きではありません。

私にとって、アルコールの摂取はデメリットの方が多いと感じています。

 

〇アルコール摂取のデメリット

・お酒を飲むと、その日は何もできなくなる。

  全く何もできなくなるわけではありませんが、生産性はガタ落ちです。

  勉強をしても頭に入りにくくなります。

・寝るのが遅くなる。起床も遅くなる。

・睡眠の質の低下。

  寝入りやすくなると感じる人もいると思いますが、睡眠全体の質は悪くなります。

  夜中に目覚めることもしばしば。

・寝起きが悪くなる。

・お金がかかる。

  私にとって数千円の出費は痛いです。。

・気が緩み、意思が弱くなる。

  過去のパターンですが、飲み会から帰宅→エロ禁解除→リセット。という流れがありました。

  酔っているときは「ちょっとくらいいいか」などと思ってしまいがちです。

  今日の昼間から飲み会がありましたが、帰り道に禁止していたお菓子を買ってしまいました。これは反省です。

・時間の浪費。

  飲み会の時間だけでなく、飲み始めからアルコールが完全に抜けるまで。

  実質、翌朝までの時間を浪費していることになります。

  たまに飲む程度ならいいと思いますが、頻繁に飲むのは時間の浪費でしかないと思います。

 

デメリットばかりを書き並べましたが、メリットもあると思います。

しかし、メリットの方が明らかに少ないと感じます。

 

〇メリット

・コミュニケーションにより、交流が深まる?人間関係が良くなる?

  お酒がなくてもコミュニケーションは取れる、というのが私の考えです。

  喋り好きな人にとってはメリットなのかも知れません。

 

・・・。

 

メリットが思い浮かびませんw。

お酒が好きな人は飲むこと自体がメリットなのかもしれません。

しかし、飲みの席は愚痴大会になってしまいがちです。

聞いていて単純に不愉快ですし、愚痴から問題解決に向けて進むこともほぼありません。

そのため、私は人前では決して愚痴をこぼしません。

愚痴ばかり言っている人のところには、同じような人が集まる、というのも感じるところです。

まさに、類は友を呼ぶ、です。

 

少し話は逸れましたが、こうして改めて考えてみると、飲酒という行為は自分にとって「あまり良くない」行為だと思いました。

特に、「気が緩み、意思が弱くなる。」点は、リセットの可能性を高める危険因子だと思います。

 

「飲酒した日はリセットに注意」です。

【オナ禁5日目】経過報告。

本日、オナ禁5日目。

やはりリセット翌日と比べると心身ともに調子が良いです。

リセットしてもやろうと思えば行動することはできますが、やはりオナ禁記録が伸びるに連れて心身が安定していきます。

それは0がプラスになるのではなく、マイナスが0に近づいていく感覚です。

私の経験上、マイナスから0を越える目安は7日目です。

オナ禁7日を経過することで、ようやく本来の自分に戻ってこれる感じです。

 

オナ禁5日程度ではほとんど効果を感じることはありませんが、リセット翌日、翌々日あたりと比べると全然違います。

やはりオナ禁は自分にとって『善』だと強く感じました。